概要

設置の趣旨

本研究科は、生態系の健全性を含む動物や人の健康に関する幅広い分野の先端的研究を推進し、獣医学の高度化に貢献できる獣医学教育者および研究者を養成するとともに、高度な知識と技術、専門性と倫理観を有し、国際社会または地域社会における指導的役割を果たす獣医学専門家を育成するという教育理念の下、家畜衛生・公衆衛生スペシャリスト、One Health(※)スペシャリストまたは難病治療・創薬スペシャリストとして、これらの分野についての学識、技能および実務能力を身につけた高度獣医学専門家を輩出して、豊かな社会の維持・発展に貢献することを目的としています。

※人・動物・環境を一体化して地球規模で健康を捉える考え方

基本方針

アドミッション・ポリシー(求める人物像)

共同獣医学研究科では、次のような人材を求めています。

  • 正しい研究倫理及び獣医倫理を有し、行動規範を遵守できる人
  • 獣医学及び動物科学に関する十分な基礎学力と技術を有している人
  • 研究活動に必要な英語力とコミュニケーション能力を有している人
  • 研究課題に積極的に取り組み意欲と探究心を有している人
  • 幅広い視野に立ち創造性豊かな研究を行う実行力と向上心を有している人

ディプロマ・ポリシー(養成する人物像)

所定の期間在学して所定の単位を修得し、本共同獣医学研究科の人材養成目的に適う、高度かつ広範な専門的知識や研究能力を修得した上で、学位論文の審査及び最終試験に合格した者に「博士(獣医学)」の学位を授与します。

  • 獣医学及び動物科学に関する高度な専門知識と研究能力を備えた人材
  • 幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、独創的な研究力とコミュニケーション力を発揮して、社会的要請に応える地域のリーダーとなりうる人材
  • 家畜衛生・公衆衛生スペシャリスト、One Healthスペシャリストまたは難病治療・創薬スペシャリストとして獣医学及び動物科学における諸問題に対応または解決できる人材

カリキュラム・ポリシー

ディプロマ・ポリシーに記載されている、高度な専門知識と研究能力を備え、幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、社会的要請に応える地域のリーダーとなりうる人材を養成するため、以下のカリキュラム・ポリシーを策定します。

  • 教育課程において、研究科共通科目、基盤的教育科目、スペシャリスト養成科目、研究推進科目、アドバンスト教育科目を提供する。
  • 本教育課程の履修により、獣医学に関する高度な専門知識と技術を修得し、幅広い学際的な素養とグローバルな視点を基盤に、独創的な研究力とコミュニケーション力を発揮して社会的要請に応えうる地域のリーダー、獣医学研究者および高度専門職業人を養成する。